家に居ながらにして自由になるお金を作るために活用したいサービスはここをクリック

モラハラ夫が渡す生活費は極端に少なくはない、妻に給与明細を見せず年収も知らせないモラの心理

3 min

当サイトは軽度モラハラ夫を持った妻の目線で書かれています。そのため読む方によっては不快に感じる事もあろうかと思います。不快に感じる可能性のある方は、お読みにならぬようお願いします。

モラハラ夫が妻に渡す生活費は決して極端に少ないくないのです。そしてモラハラ夫はモラハラ被害者である妻に給与明細を見せず年収も教えません。

モラハラ夫は自分で家計管理をする事がほとんどで、妻に給与を預ける事はしません。

給与明細すら見せてもらった事がない、夫の年収を知らないというケースも多いのです。

モラハラ被害者である妻が夫のモラハラを誰かに相談しても、理解されない事も多く、その理由が「生活費が極端に少ない訳ではない」という点。

多くのモラハラ夫は、言い方は悪いですが貧困層のご家庭と比較すれば十分にやっていけるだけの生活費を、妻に渡しています。

経済制裁をする事で妻をコントロールしているモラハラ夫が、”絶対に足りない生活費”を渡さない理由があります。

それは「体裁」です。

幸せを演じるのはいつまで?

夫がモラハラだということ、私は母にも妹にも友人にも、誰にも話せずに幸せを演じていました。

誰にも話せず、泣くこともできず、どうにかなりそうだったのを今でも覚えています。

いつまで幸せを演じればいい?
いつか夫が普通になる時が来る?
私は幸せになれるの?
それとも離婚をした方がいい?

見えないからこそ不安な未来が、たった一本の電話で変わります。

今すぐ無料会員登録

最大2,500円分の鑑定ポイント付き

絶対に足りない生活費を渡していると、自分が周囲からよく思われない事を知っている

モラハラ夫は、例えば月に2万円しか妻に渡さなかった場合に、妻が周囲にその事を打ち明けたら自分がどう思われるのか言われるのかを知っています。

モラハラ夫は妻を貶める事で自分のストレス発散をしているため、自分が悪く言われるようなことは絶対にしないのです。

妻の努力が足りないから不足する、と言える程度の生活費を渡す

だから極端に少ない金額ではなく、”妻が至らないから足りないと言える程度の生活費”を渡してくるはず。

子ども2人雑費や医療費含む食費4万円と聞いて、どう思いますか?

今の私は「ぜんっぜん足りないw」と笑い飛ばすことができます。

でもモラハラ夫の支配下にいた私は、「ちょっと頑張れば足りそう」と思っていました

4万円はあくまでも例ですけど、この中に外食費や子どもの給食費も含まれていたら都市部ではほぼムリです。

お米は実家から送られてくるとか、野菜は近所の人に分けてもらえるとか、何かしらのバックボーンがなければ厳しい金額です。

でも、ワイドショーでは家族5人で食費が月に3万円のご家庭が取り上げられていたよ?

これこそが、モラハラ夫の逃げ道なのです。

そして、「足りなくなったら言ってね」と言って渡された食費が足りなくなると…

なんでもうないの?こないだ渡したばっかだよね?

モラハラ夫はこれが言いたいのです。

モラハラ夫なりに比較対象と根拠が明確だったりする

モラハラ夫は、ワイドショー上の「家族5人で食費3万円一家」や、「独身時代に炭水化物だけで過ごしていた自分」と比較します。

家族5人で食費3万円より、家族4人で食費4万円だ、1人少ないのに1万円多いんだ、十分だろう?

自分が独身だったころは月に1万5千円で十分足りていたから2人分として3万ね、そこに子どもの分として1万円足せば十分でしょ?

と、比較対象と根拠が明確なのも特徴なんです。

でもその基準となっている家族5人食費3万円一家は、先ほども話した通りたいていは何かしらのカラクリがあるし、そもそも炭水化物やカップ麺ばかり食べていた時と一緒にされては困りますよね。

でもモラハラ夫にとっては”自分が周囲から変な目で見られる事はなく、妻だけを貶められる”環境を創り上げる事が目的なので、根拠が現実的かどうかはどうでもいいことなんです。

モラハラ夫は給与明細を妻に見せず、年収も教えない

モラハラ夫の多くは、妻に給与明細を見せず、自分がどれだけ収入を得ているかを教えません。

その理由は大きく言うとたった1つ。

  1. 妻に、自分の収入を知る資格がない。

本気でこう思っているんですね。

私は実際に言われましたよ。無職の人には教えないよ、って。

そして、潜在的には「こんなに収入があるのに妻と子どもにたったこれっぽっちしか渡さない夫」になりたくないか、「給料が少ないのに威張っちゃってる」かどちらかの心理も働いているでしょうね。

モラハラ夫は妻に絶対に弱みを握らせませんから。

モラハラ夫が渡す生活費は極端に少なくはない、妻に給与明細を見せず年収も知らせないモラの心理、さいごに

モラハラ夫は経済制裁をして妻を支配していますが、極端に少ない金額を渡すわけではないので、妻が「もっと少ない人も世の中にいるのに、私のやりくりが下手で足りないんだ」と思いがちです。

でもそれこそが、モラハラ夫の目論見なんですね。

身分不相応な贅沢をしている訳でも、無駄に使っている訳でもないのなら、貴女が悪い訳でも努力が足りない訳でもありません。

食費がなくなる事を恐怖に感じて、好きなモノ1つも買えない夫婦関係は、健全ではありません。

ko@裏垢

ko@裏垢

羨ましがられるほど家事育児に協力的な「元・軽度モラハラ夫」と共に生きる、元・専業主婦。誰かの裏垢。

カテゴリー:

幸せを演じるのはいつまで?

夫がモラハラだということ、私は母にも妹にも友人にも、誰にも話せずに幸せを演じていました。

誰にも話せず、泣くこともできず、どうにかなりそうだったのを今でも覚えています。

いつまで幸せを演じればいい?
いつか夫が普通になる時が来る?
私は幸せになれるの?
それとも離婚をした方がいい?

見えないからこそ不安な未来が、たった一本の電話で変わります。

今すぐ無料会員登録

最大2,500円分の鑑定ポイント付き

関連記事